ホワイトペーパー

あれもこれも、でも何を?セキュリティ担当者、最初で最大の課題は「どこから手を付けていいかわからない」

トレンドマイクロ株式会社 2012年11月16日

情報化が進んだ現在、企業活動はITによって支えられているといっても過言ではありません。
顧客リストや新製品の情報などを企業にとっての重要な情報の保管、クライアントとの情報共有、プロジェクトの進捗管理などITが関わらない事を探すほうが難しい状況です。
こうしたIT依存度の高まりは、時として企業活動の根幹にかかわるような事件を引き起こすことがあります。

その原因の一つが「サイバー攻撃」とよばれる、システムの脆弱性をついた攻撃です。それらは顧客リストや機密情報の漏えいなどを引き起こしビジネスに大きな被害をもたらします。
「サイバー攻撃」からシステムを守ること、つまり情報セキュリティは企業にとって死活問題です。

そのため多くの企業では情報システム部門だけでなく、総務部門、法務部門など複数の部門がこの脅威にどのように対策を講ずるべきか悩んでいます。

しかし、その最大の悩みは、高度化する攻撃手法への対応ではなく、
・どんなセキュリティ対策が必要なのか?
・自社にとって最適なセキュリティとはなにか?
・そもそもどこから手を付ければいいのか?
といったような、情報セキュリティは重要と認識はしているが、何をしていいのかわからないということではないでしょうか。

本書では20年以上セキュリティ専業ベンダーとしてトレンドマイクロ社が培ってきたノウハウ・知見を活用して、お客様のセキュリティライフサイクルをご支援するサービス「トレンドマイクロ プロフェッショナルサービス」を紹介しています。

現状調査、プランニング、実装そして運用における評価・改善まで、セキュリティに関する幅広い課題に応えるパートナー、その実力は資料をDLのうえご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]