ホワイトペーパー

スタンドアロンの給食管理用端末でもウイルス感染--その解決に威力を発揮したツールとは

トレンドマイクロ株式会社 2014年02月20日

子どもたちの健康管理や成長に大きな役割を果たす学校給食。その管理運営にもITシステムが導入されています。個人情報を含むためスタンドアロンで運用されており、ウイルス感染のリスクは存在しないと思われがちですが、そこには落とし穴がありました。

スタンドアロンとはいえ、情報を取り込むための記録媒体にウイルス感染の危険性があるのです。

本資料では、東京都東久留米市で教育行政を担う東久留米市教育委員会様におけるTrend Micro Portable Security(TMPS)を活用した、スタンドアロン環境の給食管理用端末のウイルス対策について紹介いたします。同委員会はスタンドアロンで運用していた給食管理用端末にウイルス感染を発見し、その対策としてTMPSを導入しました。それにより得られた導入効果とは?

詳細は資料をダウンロードの上、ご参照下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]