ホワイトペーパー

自治体の導入事例に学ぶ基幹ネットワーク -北海道室蘭市・帯広市における課題解決のポイントとは-

日商エレクトロニクス株式会社 2013年09月11日

政府・自治体も含めてサービス内容の向上や新サービスの提供に向けてIT活用はより活発化している。IT活用に向けた様々な取り組みを進めていく上で、さけて通れないのがネットワークインフラの整備である。

現状のネットワークインフラは、時と共に増える様々な業務へ対応で増設を繰り返すうちに複雑化してしまうという問題点に加え、「高い信頼性の実現、高可用性の実現、導入・運用コストの削減、運用負荷の低減」等の将来へ向けた様々な内容も検討していかなければならない。

新たな業務の増加や部門を越えた業務の発生等への汎用性も含め、住民のサービスに直結するインフラを持つ「室蘭市・帯広市」が様々な課題解決のためにJuniper EXシリーズ導入を決めた理由とは?

基幹ネットワークに対する要求が今後益々高まっていく中、実際の導入事例として、是非ご参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]