編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ホワイトペーパー

初期費用0円で@niftyの運営インフラを使えるクラウドサービス

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 2010-10-18

 「ニフティクラウド」は、2年以上前から「@nifty」をはじめ160ものサービスを運営するパブリッククラウドだ。ITインフラそのものをネット経由で提供するIaaS型サービスで、形態としてはAmazonEC2と同様と考えればイメージしやすい。

 仮想化環境は利便性の高いVMwareで構築され、信頼性の高い富士通の国内データセンターで運用されていることも特徴。アクセスの波に合わせてスケールアップ・スケールアウトはもちろん、さらにスケールを小さく戻すなど柔軟かつリアルタイムな変更が可能だ。国産ならではの使いやすさとスピード、堅牢性、柔軟性などからソーシャルアプリやキャンペーンサイト基盤としての利用も多いという。国産サービスゆえ、サポートはもちろん日本語だ。

 初期費用は0円で、負荷ピークの波が激しく変動する場合は従量課金、安定した長期利用には月額料金と、ビジネスの規模・用途に合わせた2種類の料金プランを利用できる。


2010年12月1日より導入したSLAでは、月間の仮想サーバーの稼働率99.95%を保証している。
仮に稼働率が99.95%を下回った場合は当該月度分の「ニフティクラウド」利用料金の10%分を減額することもあわせて発表している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]