ホワイトペーパー

電話で復旧依頼もOK、災害の備えをクラウドにスタンバイ--手順を簡単紹介

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 2016年08月05日

本資料では、災害発生などといった業務の継続に重大な支障が生じるリスクについて、「クラウドに準備しておくセカンダリ環境」で対処するHow toを短く紹介します。

ここで利用するのは「ニフティクラウド DRサービス with VMware vCloud Air Technology」となります。

・シンプルな仮想マシン単位の課金で、シンプルかつ低コスト
・ニフティクラウドとも連携、”パブリッククラウドならでは”の柔軟さ
・有事の際を想定、電話での復旧作業受付窓口も用意

などといった点が特徴で、資料内では構成概要として、「レプリケーション時のネットワーク」「DR時のネットワーク」などの考え方も紹介。レプリケーション開始までの手順もわかりやすく解説しています。

ぜひ、ダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]