ホワイトペーパー

オンプレミスと同じ発想ではダメ!可用性向上にはクラウドならではのアプローチが必要な理由とは?

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 2018年09月20日

「クラウドファースト」が叫ばれて久しい今日、ミッションクリティカルなシステムも含めたあらゆるシステムをクラウド上で稼働させることが当たり前となっている。そうなってくると当然ながら、クラウド基盤の運用においてもかつてオンプレミスで実現していたのと同等レベル以上の高い可用性が求められてくる。

しかしここで注意したいのが、可用性向上にはクラウドならではの視点が必要だということだ。クラウドはハードウェアを抽象化し、利便性を追求した世界であるため、オンプレミスではハードウェア構成で実現していた可用性とは異なるアプローチで実現する必要があるのだ。

本資料は、クラウドならではの可用性のデザインパターンと、責任分解の考え方について、純国産のクラウドサービス「ニフクラ」を実例としながら具体的かつ詳細に解説している。クラウド移行の成功を目指しているのであれば、実際に移行プロジェクトを進める前にぜひ参考いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]