ホワイトペーパー

ハードウェアに縛られたままでは企業の寿命が終わってしまう?!まず仮想化そしてクラウドへの道を示す

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 2018年09月28日

先進的な企業や過去のレガシー資産に縛られない新しい企業では、積極的に「クラウドファースト」を実践している。クラウドを積極的に活用することで、初期投資を抑え、スピード感あるインフラ運用を実現しているのである。そうした一方、ボリュームゾーンの企業や公共系組織などは、従来型のインフラを使い続ける傾向にある。この両者の間では、インフラの世代で言うと実に2周りか3周りくらいの差があると言えるのである。

──クラウドを活用しているか否かの差は、競争力の差そのものであると言っても決して過言ではない。

本資料は、この差が具体的にどのようなものであり、その差を埋めるにはどのような取り組みが有効かについて、仮想化およびクラウド技術のエキスパート3名による、それぞれの立場からの発言を収めている。

「クラウドの必要性を感じないままでいる企業は、企業としての寿命を終えてしまうのではないか」──あるエキスパートが語った言葉の意味を噛み締めていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]