ホワイトペーパー

政府の「クラウド・バイ・デフォルト原則」が示す、低コストで効率的なIT環境実現への道

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 2019年09月02日

「クラウド・バイ・デフォルト原則」という言葉をご存知だろうか。これは2018年6月に政府から発表された「政府情報システムにおけるクラウドサービスの利用に係る基本方針」の中で言及されたもので、そこでは、政府情報システムの構築・整備に関しては、クラウドサービスの利用を「第1候補(デフォルト)」として考えるという方針が打ち出されているのである。

そして政府がなぜクラウド・バイ・デフォルト原則を打ち出し、それによってどのような効果を目指しているのかを理解することは、企業のクラウド戦略にも大いに参考になるはずだ。

そこで本資料ではクラウド・バイ・デフォルト原則の概要を解説するとともに、その後の時代における「クラウド」の意義とメリットを深く考察している。ぜひ一読のうえ、ITによる生産性向上、競争力の強化、イノベーションの創出につなげていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]