編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

ホワイトペーパー

DXの現実解「ハイブリッドクラウド」、リフト&シフトを実現する5つのステップを解説

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 2020-03-10

多くの企業経営者やIT担当者が耳にする機会が増えた「2025年の崖」という言葉。現状が変わらなければ、最大で年間12兆円の経済損失の可能性がある」という最悪のシナリオを示している。その崖を乗り越えるために取り組まれてるのが、デジタルトランスフォーメーション(DX)だ。

その足掛かりとして有効なのが、既存システムのクラウドへの移行だ。システム基盤としての柔軟性、経済的合理性、技術面での先進性は多くのメリットをもたらす。そのプロセスは「リフト&シフト」とも呼ばれている。

しかし、一気に全てのシステムをクラウド化することは非常に難しい。そのため、リフト&シフトの中間的段階として、まずはハイブリッドクラウドへの移行が現実的な解だと言える。

本資料では、企業が2025年の崖を回避するためのリフト&シフトのロードマップの描き方を5つのステップで紹介。また、その中間的な段階として目指すべき「ハイブリッドクラウド」のメリットと具体的な導入手順を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]