ホワイトペーパー

既存のアプリケーション、サービス、およびデータを柔軟に再利用する!

日本アイ・ビー・エム株式会社(WebSphere) 2009年04月22日

企業のIT 環境は、自然発生的な拡大または合併や吸収合併により、さらに複雑になり続けています。ビジネスにおける要求が加速するにつれ、IT 環境では、既存のアプリケーション、サービス、およびデータを柔軟に再利用できる機会が求められています。

 IBMのコネクティビティ製品を用いれば、こうしたIT 環境で、サービスの発見と再利用、アプリケーション・サービスの公開と使用、およびメッセージのルーティングと変換ができるようになります。一連のケイパビリティー(IBM コネクティビティ・ポートフォリオにおける) では、異機種のIT 環境での通信の橋渡しと合理化に対するニーズに対処できる、大規模なサービス指向アーキテクチャー(SOA) インフラストラクチャーに対するクライアント要求がサポートされます。

 このホワイトペーパーでは、最新の接続技術リリースの把握およびIBM がそれらのリリースを次のレベルに引き上げる方法に強い関心がある市場ウォッチャーに、IBM コネクティビティ製品群の概要を提供しています。具体的には、以下の製品についての主な利点と機能について記載します。

・IBM WebSphere MQ
・IBM WebSphere Message Broker
・IBM WebSphere Enterprise Service Bus
・IBM WebSphere DataPower
・IBM WebSphere Adapters
・IBM WebSphere Transformation Extender
・IBM WebSphere Service Registry and Repository

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]