ホワイトペーパー

【日産自動車:BI導入事例】連結対象の36社からの情報を元に車種別損益管理を実現

日本オラクル株式会社 2009年08月28日

競争の激しい自動車業界において、トップレベルの業績を確かなものにするために、日産自動車が取り組んだのが経営データ管理の高度化であった。車種別の製造コストや販売コスト、売上情報など多軸にわたるデータを管理、解析し、いかに最適な経営判断につなげていくか。ワールドワイドで連結対象企業が36社ある同社が、グローバルに広がる各拠点からデータを集め、さまざまな軸で分析するためには、システム自体の構造が柔軟であることが非常に重要な要件であった。本レポートでは、多軸管理を実現した、Oracle Essbaseの選定理由と、日産における、さまざまな活用場面をご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]