ホワイトペーパー

クラウド・コンピューティングに求められるストレージ選定の秘訣

日本オラクル株式会社 2011年02月16日

クラウドコンピューティング、GPSや無線デバイスなどの普及により、世界で生成されるデータは増加の一途をたどっている。調査会社のまとめによると、 2020年には年間のデジタル・データの総量は35,000エクサバイトにまで達し、 2009年に比べ 44倍に膨張するという。単純計算で毎年 41%ペースもの増加だ。だからこそ、より高い柔軟性を持ち、画期的な経済性を実現する新しいストレージ・アーキテクチャが求められている。

 本資料は、オラクルのストレージ戦略を通じ、変わりつつあるストレージの本質や課題、今後の対応に向けたヒントを示している。次世代のストレージに必須な要件としてSun ZFS Storage Applianceが提示するのは、ビジネス・パフォーマンスの加速とITコストの実現を同時に実現し、ストレージ経済性の現状打破に努めることだ。その具体的な手法や特長、実際に導入した企業が解決に成功した課題などを掲載している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)