ホワイトペーパー

15か月で全世界の12法人17拠点共通のBPM基盤導入に成功!業務効率を格段に向上した成果と秘密

日本オラクル株式会社 2012年11月18日

半導体製品を中心に幅広い電子部品を製造を手掛け、世界各国に販売法人6社、生産法人6社、販売事務所17か所展開するグローバル企業サムスン電機。
同社では、全社システムを刷新するため「G-ERP」と名づけたメガプロジェクト進めるなかで、営業部門の業務環境革新にも取り組みました。

本資料では「G-ERP」プロジェクトの中でも、Oracle SOA Suiteを活用したBPMシステム構築の事例を紹介いたします。

本システムは2009年に開発を開始し、2010年1月に本社での適用、さらに同年8月にはタイ、フィリピン、ドイツ、ハンガリーなど海外の全法人・全拠点への展開と15カ月で開発と全世界12法人での展開と言う驚異的な速さで構築されたBPM基盤です。

通常、ビジネスプロセスの解析からシステムの設計など、非常に長い期間をかけて構築するBPM基盤を、なぜこれほどまでに短期間で構築できたか?

また、システムに業務をあわせるのではなく、業務にあわせたシステム環境を構築したことによるメリットなど、サムスン電機のビジネスプロセス革新の成果を本資料にてご紹介いたします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]