ホワイトペーパー

オラクル高可用性ハンドブック-事業継続に必要な高可用性システム基盤と「データ保護」の必然性

日本オラクル株式会社 2013年02月27日

ITシステムは、いまや「いつでも使える」があたりまえの状況となっているが故に、もし予定されていないシステム停止などが発生すると、事業損失、取引先や顧客からの信頼を失うなどの影響がでかねません。そして管理者の責任問題に発生することも少ないくありません。
情報システム部門はそうした事態に陥ることなしに事業活動を支える基盤を実現するため様々な観点からシステムを検討する必要があり、中でもシステムの「可用性」は大変重要な要点となっています。

本資料では、「Oracle Maximum Availability Architecture(MAA)」により実現する高可用性をテーマに、
多くの企業で直面しているビジネス課題にたいして、どのような解決のアプローチがあるかをご紹介いたします。

詳細は資料をDLの上ご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]