ホワイトペーパー

なぜ先進企業が採用するのか?最強のデータベースマシンOracle Exadata導入の経緯と効果

日本オラクル株式会社 2013年04月03日

近年、企業の持つデータは増加傾向にあり、データベースの大規模化が進んでいます。
そうした中、企業はより速いレスポンスタイム、そして多岐にわたるお客様のニーズに対応することを求められると同時に、ITコストの削減を迫られているのが現実です。

企業競争力を高めるために、膨大な情報を高速で処理し、収集したお客様情報を分析・予測することで、お客様満足度の向上を目指しつつ、コストダウンとコンプライアンス遵守を遂行する、こうしたさまざまな要求に応えるべく、いかに戦略的にIT投資の優先順を付けるかが情報システムに関わる方皆様の共有の課題ともいえます。

Oracle Exadataは最適にチューニングされた、ソフトウェア、サーバ、ストレージとネットワーキング機能からなる完全なパッケージであり、スキャン集中型DWHアプリケーションから、リアルタイム性の高いOLPアプリケーションに至るまでデータベース・ワークロードの種類を問わず世界最速のパフォーマンスを発揮する、世界最強のデータベースマシンです。

さらに、高い可用性とセキュリティ機能、冗長性を備えておりTOC削減にも高い効果を現わします。
本資料では、なぜ多くの業界をリードしている企業がOracle Exadataを採用したのかというお客様の生の声、Oracle Exadata導入の経緯とその効果をご紹介いたします。

【事例掲載企業】
・株式会社ヒスコム
・長瀬産業株式会社
・ソフトバンクモバイル株式会社
・バイエル薬品株式会社
・山崎製パン株式会社
・株式会社ベネッセコーポレーション
・カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
・株式会社ゲオ
・株式会社メディアドゥ
・楽天証券株式会社
・Polk
・Hong Kong Housing Authoritu
(順不同)

詳細は、資料をダウンロードの上、ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]