ホワイトペーパー

「クルマのインターネット」発展にも寄与--車載ソフトウェア開発を支えるライセシング技術

日本セーフネット株式会社 2015年07月07日

自動車産業は、今後の期待が高まる「モノのインターネット」、IoTの有力分野の一つだ。それを支えるソフトウェア技術の重要性も一層高まるはずだが、本資料は、自動車業界むけソフトウェアにおけるライセシングの課題を解決した事例である。

Schleißheimer社は自動車で多く採用される通信プロトコル「CAN」に関連するツールを柱の一つに事業展開しており、ダイムラー、アウディ、フォルクスワーゲン、ポルシェ、トヨタ、アルファロメオといった導入実績がある。そのなかで抱えていた悩みとして、既存のソフトウェアライセンシングプロバイダーでは、正確なアップデートや本当に必要なアップデートを、必要なときに提供できないという問題があったという。

そこで考慮の末、問題解決のために導入したのが、SafeNetが手掛けるソフトウェアプロテクション/ライセンシング/エンタイトルメント管理システム「Sentinel LDK」だった。

選択の背景として同社は、
・軟性のあるライセンシングや強固なセキュリティ
・複数のフローティングライセンスやオンラインでの容易なソフトウェアアクティベーション
・他のコンピューターにライセンスの移行が可能

といった強みを挙げている。
またCEOであるHans-Joachim Schleißheimer氏は、「多くの企業がすでに社用車やCRMシステムをレンタルおよびリースするなか、Sentinel LDKにより、弊社製品は自動車業界向けツールに柔軟性をもたらすようになりました」とも振り返る。

詳細はぜひ、ダウンロードでご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]