ホワイトペーパー

SAPによる基幹業務をスマートデバイスから行えるという世界

日本ネクサウェブ株式会社 2015年08月27日

「ERP」は、企業の基幹業務を対象にしたパッケージアプリケーションである。ERP中でも、このジャンルでリーディング企業として認められているのが独 SAP社である。全世界に10万を超えるインストレーション実績があり、顧客企業は5万社弱、120か国、1,200万人以上のユーザに利用されているという。

SAP製品には、世界中のさまざまな業種における“ベストプラクティス”が包含されており、非常に多彩な機能が網羅されている。ただ、あまりにも機能があるために、自社の業務を遂行しようとすると、画面Aを開いてデータを照会し、次は画面Bを開いて計算業務を行い、画面Cを開いて入力を行うといった具合に、ワークフローが複雑になりがちだ。そのため、自社のニーズに最適化した画面インタフェースを別途構築し、SAP製品とはバックエンドでやり取りする企業もある。

さらに最近スマートデバイスの普及が進み、企業内では「モバイルで承認、決裁ができれば」「会社の統計情報がモバイルで見られれば」と言う要望がおおきくなってきている。

本資料では、SAP製品のモバイルからの閲覧・操作を実現するXGEN-SAPの詳細について紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]