ホワイトペーパー

BEA SOA ドメインモデル−サービス指向アーキテクチャーによるビジネスバリュー実現のために

日本BEAシステムズ株式会社 2006-03-07

 サービス指向アーキテクチャ(SOA)の目標は、プロセス イノベーション、効果的なガバナンス、サービスの定義や再利用にかかわるIT 戦略を駆使することにより、組織がビジネスおよび技術的優位性を実現することです。

 SOA は、IT の提供方法の転換に継続的な注力が求められる長期戦略ですが、差し迫ったビジネス イニシアチブにも対応する必要があります。このため、SOA の効用はビジネスの長期目標と短期ニーズのバランスが保たれている場合にのみ実現されます。このバランスは、SOA イニシアチブのはじめから、組織、財務、運営、設計、提供に関するプラクティスを確立することで維持できます。

 SOA のためのBEA ドメイン モデルでは、これらのプラクティスを6 つのドメインの中にカプセル化します。各ドメインは、サービス指向アーキテクチャにフォーカスしたフレームワークを等しく提供するようでなければなりません。

 このホワイトペーパーでは、各ドメインで直面する課題と、SOA 実装を成功させるうえで考慮すべきプラクティスについて説明します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]