ホワイトペーパー

富士通が導入したシステム開発時の負荷テストツール「HP LoadRunner」

日本ヒューレット・パッカード株式会社 2013年11月19日

本資料は、富士通のシステム生産技術本部が取り組んだ、富士通グループ全体における品質向上プロセス標準化の推進について、まとめています。

同社では
・品質向上プロセスの標準化とグループへの展開
・負荷テストのツール費用負担の軽減
・共通技術部門による負荷テストの効率化

といった課題について、どのようなアプローチで取り組んだのか。それが、HP LoadRunnerによる負荷テストの標準化、ロケーションフリー契約によるグループ内での利用、HPプロフェッショナルサービスによる技術支援でした。

その結果、負荷テストの実施プロジェクトが増加したことでトラブルが削減され、作業プロセスも確立。ビジネス面においても大きな成果を得ています。

詳細はダウンロードでご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]