ホワイトペーパー

電子メールはセキュリティの落とし穴!盗聴から守る強化策とは

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧日本ベリサイン) 2010年11月10日

電子メールのセキュリティ対策には、電子メールの暗号化などによる誤送信時の情報漏えい防止、盗聴防止と、コンピュータウィルスやスパム型攻撃からメールサーバを守るための対策とに大きく分けられます。

メールセキュリティの分野では、ウィルス対策やスパム対策がだいぶ進む一方で、情報漏えいを防ぐ「暗号化」などの対策は十分に進んでいるとはいえません。メールへの攻撃は多様化し、かつ複雑になっている昨今、従来よりも多段的な対策を施す必要に迫られているのが現状です。

本資料では、企業内システム担当が実務で活用できるよう、電子メールのセキュリティ強化策についてわかりやすく考察します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]