ホワイトペーパー

偽SSLサーバ証明書発行事件から見る認証局の役割

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧日本ベリサイン) 2013年10月01日

サーバをSSL対応にするには、SSLサーバ証明書が必要なのは周知の事実だが、証明書は認証局と呼ばれる証明書発行機関が独自の審査基準に基づいて作成される。認証局から発行を受けた証明書をサーバにインストールし、PC等のクライアントがその証明書の情報を参照することでサイト訪問者のPCとサーバの間で安全な通信が実現できる。
しかしながら、もし認証局が発行した証明書が実は信頼に値しないものであったとしたらどうなるだろうか。どんなに高度な暗号技術を利用しても、信頼性の基盤自体が揺らいでは、安全な通信を実現することはできない。
実際、2011 年にある認証局がハッキングされたことにより偽の証明書を発行してしまった事件が起こっている。
本ホワイトペーパーでは、なぜこのようなことが起こったのか、証明書の危殆化によるリスクとその対策について解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]