ホワイトペーパー

Active Directoryの課題に関する調査結果と対処方法

NetIQ株式会社 2009年10月06日

Windows 2000の登場以降、AD(Active Directory)が普及し、企業の中心的ディレクトリサービスとしての地位を占めるようになってきている。ADの普及に伴い、企業の重要なデータやアプリケーションへのアクセスも、ADを使用して制御するようになってきた。

このような現状を踏まえ、NetIQが米国で行った「Active Directoryの管理とセキュリティに関する調査」では、ADとネイティブツールに関連した課題やリスクが浮き彫りになった。例えば、ADには管理作業に関するレポート機能が無く、イベントの解読が困難で、監査要求に応えられなかったり、ネイティブツールでは職責通りの委任が困難である上に、権限のエスカレーションが起きやすいことなどである。

このホワイトペーパーでは、本調査の結果と導き出された課題、そして課題を克服するための指標と方法について紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]