ホワイトペーパー

企業を究極の「全自動化」!デジタル時代のインフラ最適化、その最終形態とは?

BMCソフトウェア株式会社 2017年06月07日

企業が扱うデータは爆発的な増加基調となり、多種多様なデータ分析のニーズも増加し、顧客行動は多様化し、ビジネスを支えるバッチ処理も限界近くまでボリュームが拡大している昨今。これらを処理する企業のインフラ自体も、突き進むように高度化・複雑化が進んでいる。

こうした状況下で経営層やIT部門トップが最優先に捉えるべきITの課題は何だろうか。

「ワークロードの自動化」から一歩進み、「デジタルビジネスの自動化」が、その求められる概念だ。これは単なるジョブ管理や機械化・自動化による工数削減ではなく、「たとえメンバーが変わっても」「採用するITが全く別の形に刷新されても」、巨大化や複雑化を全く問題としない究極のインフラをいかに獲得するかという戦略だ。

そのうえで重要なカギとなるのが、デジタル時代における「開発部門」「運用部門」の連携手法となる。資料は、BMCソフトウェアの解説で、最新のデジタル・ビジネス・オートメーションのあり方を、企業ITにおけるテクノロジーの変遷に沿ってわかりやすく紹介している。

詳細はぜひダウンロードの上、ご覧頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)