編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ホワイトペーパー

サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

株式会社ユニリタ 2019-09-30

サブスクリプション型ビジネスがこれまでなかったような業界でも次々に始まっている。このモデルで重要になるのがサービス契約後のカスタマーエクスペリエンス(CX)だ。では、CXを向上させるためには何が有効になるのか。ユニリタが主張するのが、ITサービスの分野で使われているフレームワークのITILだ。

サブスクリプションサービスの重要なポイントは、データを集積し、分析し、新しいサービスを改善していくことにある。「メーカーや販社の視点で一方的にサービスを提供するのではなく、サービス提供を通じて顧客のデータを蓄積し、顧客視点でデータを分析することで、より顧客が満足できるサービスに近付いていく」という。

本資料は、サブスクリプションビジネスにおけるCXとITILの関係を解き明かした担当者インタビューだ。これまでに培ってきたITIL運用のノウハウを新ビジネスに生かすうえでも大いに参考になる資料だ。ぜひダウンロードいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]