ホワイトペーパー

「仮想化導入」その前に。ITリソースの可視化と最適化を --分析エンジンCiRBAテクノロジーを採用した新ソリューション

株式会社日立ソリューションズ 2010年09月27日

仮想化技術によるコスト削減が注目されている昨今、前提として求められているのは、仮想化導入へのリスク回避・複雑さの回避だろう。
新たな技術を導入する、貴社はその前に、製品の特徴にあわせた環境設計・運用設計はお済みだろうか。


日立システムアンドサービスは、仮想化製品(VMawre、Hyper-V、Oracle VM) の特徴にあわせた環境設計、運用設計などを実施できるほか、環境構築から移行支援まで、仮想化の導入に必要な6つサービスを提供している。
VMware、Microsoft、Oracleをはじめとするパートナーシップ、製品アライアンスを強みとし、サーバ、ストレージ、ミドルウェアなど、ITリソースをトータルに可視化・最適化することが出来る。


※仮想化分析エンジンCiRBAテクノロジーを採用した新ソリューションの詳細は、ホワイトペーパーをダウンロードしてご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]