ホワイトペーパー

非効率な労務管理を圧縮!コスト削減に成功する「Hi-CoreTime」構築ケースは?

株式会社日立システムズ 2010年09月13日

 多くの中堅・中小企業では、まだ労務管理に膨大な費用と工数がかかっている。
日立電子サービスの就業管理システム「Hi-CoreTime」は、労務管理に関わる事務処理を大幅に効率化するソリューションだ。

リアルタイムで残業時間が管理できるため、月末ごとに煩雑な集計作業を行う必要がない。人事給与データベースと連携しながら、先手の労務管理が可能になるだろう。

 豊富なオプションも特徴だ。パート・アルバイト管理、現地採用管理、シフト入力、プロジェクト管理など多様な業種に対応した構築ができる。

もちろん、2010 年4 月に施行された改正労働基準法に対応している。

本資料では、労務管理業務の大幅軽減につながる具体的な構築ケースのモデルについて、業種別に詳しく紹介している。


※詳細は資料をダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]