ホワイトペーパー

最新のクラウド/データセンター活用術!AWSやAzureとの高パフォーマンス接続でマルチクラウド構築

ビットアイル・エクイニクス株式会社 2016年03月16日

気軽に使えるクラウドサービスは、その利便性ゆえに大企業の事業部門やグループ会社が、システム部門に断りなく使ってしまうことも少なくない。これら、いわゆる「勝手クラウド」は、セキュリティや内部統制、BCP対策を全社視点で考えた場合、リスクの元となりえ、また運用コストが知らないうちに増えていることも考えられる。

本来なら、本社システム部がデータセンターを用意し、グループ会社のシステム含めて集中運用を行うのが理想ではあるが、各部門の利便性や事業のスピードを落としかねない。さらにコスト面やシステム部門の工数も考える必要がある。

全社システムの利便性を損なわず、ガバナンスやコストとのトレードオフをどう解決するか。またシステムの移行に伴う構築体制や運用体制をどのように作っていくか。本資料では、電子機器メーカーI社のユースケースとして、ハイブリッドクラウドの実現に向けたデータセンターの進んだ活用術を紹介していく。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)