編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

ホワイトペーパー

56%の組織が過去1年にSCADA/ICSセキュリティ侵害を経験!脅威の実態と効果的な対処法を知る

フォーティネットジャパン合同会社 2021-12-14

現在、多くの企業や政府機関の間でSCADA(監視制御・データ収集システム)やICS(産業用制御システム)が導入されている。これらのテクノロジーには利点も多いものの、実は重大なセキュリティ課題に直面していることをご存知だろうか。Forresterの調査によると、SCADAまたはICSを使用する組織の実に60%近くもが、過去1年間にセキュリティ侵害を経験しており、セキュリティ侵害が発生していない組織はわずか11%に留まっている。また、その多くはテクノロジーパートナーなどに高レベルアクセスを許可しているため、システムは更なるリスクにさらされている状況にある。さらに、ほとんどの組織が従来のITシステムとSCADA/ICSを接続していることが明らかになっており、制御システムにサイバー攻撃者が侵入するリスクも生じかねないのである。このような危険な現状を踏まえて本資料では、SCADAとICSに関する、セキュリティ上の課題と脅威の実態を改めて明確にするとともに、リスク軽減に向けて推奨すべき対策や、今後の展望について、豊富な統計データ等を明示しながら解説している。貴社のシステムのセキュリティを大幅に強化し、リスクを軽減するためにも、ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]