ホワイトペーパー

ビジネス コンポーネント アーキテクチャ -- SOA と EDA の統一 --

フィオラノ ソフトウェア 株式会社 2005年12月16日

ビジネス システムを開発するためのアプローチとして SOA と EDA (イベント ドリブン アーキテクチャ) が注目されています。しかしながら、SOA や EDA では各サービスを結合させるためのプロトコルやメカニズム、イベントあるいはメッセージの交換方式などに偏重して焦点があたってきました。

アジャイルなビジネス システムや拡張性に富んだシステムを開発するためには、ビジネス セマンティクスに基づいたコンポーネント化と、SOA と EDA の両方のコンポーネントを同時にサポートするアーキテクチャが重要になってきます。このホワイトペーパでは、この重要性について解説しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]