ホワイトペーパー

通話料金を個人利用と業務利用で切り分け -BYOD導入における最大の壁をクリア-

フュージョン・コミュニケーションズ株式会社 2013年03月26日

個人所有のスマートデバイスを業務にも使用する「BYOD(Bring Your Own Device)」は、コスト削減と業務効率化を両立する手段として日本でも注目を集めています。しかし個人所有の端末を使用するため、個人利用と業務利用で通話料金を切り分けられないという課題も露呈し始めました。このようなBYODの課題を解消してくれるのが、フュージョン・コミュニケーションズの提供する「モバイルチョイス」です。

モバイルチョイスを使うと、無料の専用アプリから発信するだけで業務利用の通話料のみを会社に一括請求できます。これにより、手間なく個人利用と業務利用の通話料金を切り分けることが可能です。そのほか、利用料金や利用時間の制限機能、国際通話への対応、相手先に050番号を通知する有料オプション「モバイルチョイス050」などもポイントといえます。

初期費用と月額料金が無料で利用できますので、ぜひ資料をチェックしてみてください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]