ホワイトペーパー

コスト面を中心とした課題を解決! 直感的な操作等の利便性も追求したクラウド型コールセンター

フュージョン・コミュニケーションズ株式会社 2013年03月27日

顧客満足度の向上にもつながるコールセンターは、いわば“企業の顔”ともいえる存在です。しかし実際に環境を構築する場合、大規模な初期投資および運用管理のコストが必要なため、その重要性を十分に理解していても実現できない可能性があります。

そんな中で注目を集めているのが、フュージョン・コミュニケーションズのクラウド型コールセンター「FUSION Connect」です。FUSION Connectは、従来のようにオンプレミス環境ではなく、CTI(Computer Telephony Integration)サーバをクラウドサービスとして提供しています。これにより、大幅な低価格化に加えて迅速な環境構築を実現しました。

利便性も追求しており、直感的に操作できるリアルタイムモニタ、ドラッグ&ドロップを用いた簡単な転送や保留操作によって、オペレーターに対する指示を管理者のデスクトップ上でコントロールできます。そのほか、迅速な意思疎通が図れるチャット機能、ブラウザ経由で行える多彩な設定、充実のレポート機能、24時間365日の総合監視などもポイントです。

これからコールセンターの構築を考えている企業はもちろん、現在の運用コストや機能などに不満を感じている企業は、ぜひ本資料をご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]