ホワイトペーパー

マルチプロトコル・スイッチによるマルチベースのネットワークへの移行

株式会社フルーク 2008年07月01日

MPLS(、マルチプロトコル・ラベル・スイッチング)ベースのネットワークは、世界中の企業にとって最高レベルのトランスポート層技術と考えられています。

次なる目玉として迎えられている MPLS ベースのトランスポート層技術の利用が、組織における既存のフレーム・リレー、ATM、専用回線 ( ポイント・ツー・ポイント回線) からの移行開始に伴い、次第に浸透してきました。

MPLS ベースのネットワークは、数多くの優れた特徴を持つ一方で、CoS および IP ベースの接続性で生じる新たな落とし穴に遭遇する可能性もあります。本ホワイトペーパーでは、MPLS ベースのソリューションを展開するにあたり、潜在する重大な問題の回避方法に焦点を当てご紹介します。

詳細はホワイトペーパーをご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]