ホワイトペーパー

FireEye社とCrowdStrike社のソリューションによる戦略的標的型攻撃対策

マクニカネットワークス株式会社 2013年03月18日

本書は、米国官公庁・大手企業が採用する、米国特許取得の独自技術による標的型攻撃対策を紹介します。最新の標的型攻撃は、1980年代に開発され現在まで利用されてきたシグネチャベースのテクノロジーを用いたセキュリティ対策(アンチウイルス、IDS/IPS、Secure Web Proxyなど)の防衛力を上回る攻撃力を持っています。このままでは、国家機密や企業の知的財産が漏えいし、甚大な被害に繋がりかねない状況です。標的型攻撃専門の技術的対策が必要なのは、そのためです。

技術的な側面での対策に加え、「誰が(Who)?」「なぜ(Why)?」といった、更に一歩踏み込んだ、経営者が考えるべき戦略的な標的型攻撃対策と、それを実現するFireEye社とCrowdStrike社のソリューションを紹介しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]