ホワイトペーパー

シャドーIT対策で注目を集めるCASB、導入のメリットとツール選定のポイント

株式会社マクニカ 2022-06-14

多くの企業でシャドーITが問題になっている。社内に勝手に持ち込まれた管理外のPCやソフトウェアは従来から問題になっていたが、昨今のシャドーITがやっかいなのは、企業価値を大きく下げるほどのリスクがあるためだ。例えば、クラウドストレージの利用がある。社員が機密データをアップロードして、手違いで公開してしまえば、サイバー攻撃を受けたり、損害賠償を請求されたりする恐れがでてくる。そこで注目されるようになったのが「CASB(Cloud Access Security Broker)」だ。
本資料では、Skyhigh Security(旧McAfee)の提供する「Skyhigh CASB」を例に、シャドーIT対策のためのCASB活用について、クラウドサービスに一貫性のあるポリシーを適用し、安全性を保つことの重要性と共に解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]