ホワイトペーパー

トランザクショントレース分析が変えるAPM

株式会社ラック 2013年09月30日

モバイル、クラウド、エンタープライズ、Web、ビッグデータ--。
いまアプリケーションの巨大化、複雑化、そしてブラックボックス化が加速しています。

こうした中、Java / .NET / PHPのアプリケーションのパフォーマンス問題を、どのような手法で解決していますか?

ログ解析?プロファイラを使用?
それとも、"とりあえず"データベースをチューニングしますか?

パフォーマンス問題を解決する新たな切り札として、いま「トランザクショントレース分析」が注目されています。

●アプリケーションのパフォーマンス問題の原因が分からず、場当たり的な対応を繰り返している
●性能管理ツールを導入しているにも関わらず、アプリケーションのパフォーマンス問題が解決できない
●アプリケーションのパフォーマンス問題の調査・解決に、膨大な工数と期間を費やしている

本資料では、上記のような課題を抱える読者の皆様に、アプリケーションパフォーマンス管理の最新手法である「トランザクショントレース分析」を紹介いたします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]