ホワイトペーパー

「うっかりミス」によるメール経由の情報漏えいを4種のアプローチで徹底防止する誤送信防止製品の解説資料

株式会社クオリティア(旧株式会社トランスウエア) 2009年04月28日

メールや添付ファイルの誤送信による情報漏えい事故が後を絶たない。「宛先間違い」「ファイルの添付間違い」「大量の宛先への一斉配信」など、いわゆる「うっかりミス」が原因でも企業の信頼を大きく失墜させるインシデントになるケースが散見される。


本資料はメールフィルタリング製品や誤送信防止製品によるアプローチの違いや各々の機能比較、複数の運用ケース例、画面ベースの誤送信防止製品の使い方、「送信メール保留」「添付ファイルの暗号化」「メール本文と添付ファイルの分離」「送信拒否」の4種の機能をもち、「ユーザによるポリシー設定」「添付ファイルプレビュー」「2回のZIP暗号化」など、他製品にはない便利な機能を持つ製品を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]