ホワイトペーパー

もはや「Pマーク取得に必須」のメール誤送信対策を成功に導いた導入事例

株式会社クオリティア(旧株式会社トランスウエア) 2009年12月01日

ジービーアールでは、PマークやISMS取得に向けて全社的にセキュリティ対策に取り組んできた。その一環が業務と密接な関係にあるメールの誤送信対策であり、情報漏えいや信用失墜を防ぐために必須の課題である。

しかし、人的な作業に頼るチェックシステムでは誤送信を完全に防ぐことはできず、管理者の負担が増大していた。
また、取引先との書類のやり取りに活用するメールの添付ファイルは、都度ユーザが手動で暗号化し、解除用のパスワードを別のメールで送信すると同時に、外部に送信するメールにはすべてBcc:で管理者にも送る、というルールで運用していたため、ユーザ側にも大きな作業負担を強いていた。

本ホワイトペーパーでは、ジービーアールが誤送信にかかわる漏えいリスクや管理負担を解消するために新たに誤送信防止ソリューションを導入、「うっかりミス」によるメール誤送信の自動的な防止を可能にした事例を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]