ホワイトペーパー

パブリックかオンプレそれともハイブリッドか──ITインフラ担当者“究極の 悩み”に切り込む!

レノボ・ジャパン株式会社|インテル株式会社    2017年03月15日

ここ数年の間に企業のITインフラ担当者の悩みは深刻さを増しているようだ。その理由は、新しいパブリッククラウドか、従来ながらのオンプレミスかという究極の選択が迫られていることにある。低い初期コスト、ハードウェア運用からの解放、リソースの自由な増減など、パブリッククラウドにはさまざまなメリットがある一方で、オンプレミスにしても、コンプライアンス関連情報や知的財産に関わるクラウドに置くことのできない情報を扱えるという点で依然として優位性は存在している。そこに加えていまや、利用するアプリケーションやデータによって、インフラを使い分ける「ハイブリッドクラウド」もまた、現実的な選択肢となってきているのである。

そうした中にあって注目を集めているのが、オンプレミスにおける新たな仮想化基盤である「ハイパーコンバージド・インフラ」だ。ハイパーコンバージド・インフラは、シンプルなハードウェア構成で、容易にシステム拡張が可能なことが大きな特長となっており、パブリッククラウドのメリットである「柔軟でスピーディな拡張」「運用負荷の軽減」をオンプレミス環境でも実現することができる。

本資料では、まずはパブリッククラウドとオンプレミスそれぞれのメリットを整理するとともに、オンプレミス環境でクラウドライクな運用を実現できるハイパーコンバージド・インフラについて調査や事例を交えながら考察している。

是非、資料をダウンロ-ドして、ITインフラ担当者にとって目下最大の悩みを解決してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)