ホワイトペーパー

米国自動車整備チェーン最大手JiffyLubeは老朽化したITインフラの課題をHCIでどう解決したか

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社 2018年10月29日

米国で自動車のクイック整備サービス店舗「Jiffy Lube(ジフィールーブ)」を550店舗以上で展開するハートランドオートモーティブサービス(Heartland Automotive Services)。オイル交換をはじめ、タイヤ圧のチェック、ブレーキ液やエアコン冷却水の補給、ランプの交換、車両の清掃までを提供する業界最大手だ。

しかし同社は、ITインフラがビジネスに追いつかなくなり、アプリケーションの停止が頻発するなど、サービス提供に支障がでるようになった。事業が急成長していることもあり、ITインフラをスピーディーに拡張できないことも悩みだった。そんな課題を解消しようと採用したのがハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。

そこでJiffy LubeはLenovoとNutanixが提供するアプライアンス製品を採用。コストを削減しながら、ITインフラを次の成長に向けたビジネス基盤として再構築した。本資料は、Jiffy LubeがITインフラの課題をどう乗り越えたのかをまとめた7ページの事例だ。HCI導入によるリアルなビジネス効果を知ることができる。Jiffy Lubeの取り組みから自社に生かすヒントを探っていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]