ホワイトペーパー

「バージョンロック」が当たり前、時代遅れのレガシーERPが企業に与える8つの弊害

日本オラクル株式会社(NetSuite) 2021-04-21

ERPシステムを「バージョンロック」して利用しているユーザー企業は多い。調査会社のフォレスターによれば「ERP顧客の約半数が最新リリースから2つ遅れたバージョンを使用しており、これは4年かそれ以上古いバージョンである可能性がある」という。

バージョンロックの最大の問題は、新しいテクノロジー環境やビジネス環境に追随できなくなり、結果として、ビジネスに大きなダメージを与える可能性があるからだ。環境変化が激しい今日ではますますその傾向が強まっている。

そこで本資料では、時代遅れのレガシーERPが企業に与える8つの弊害として「イノベーション投資余地を奪う」「ビジネス規制についていけない」「ビジネス速度の低下」などを取り上げ、その解消方法をアドバイスしている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]