編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

ミレニアル世代に受け入れられる働き方は? ポイントは質の高いコミュニケーションの活性化

ポリコムジャパン株式会社 2019-04-24

デジタルネイティブといわれるミレニアル世代(1980-90年代生まれ)が、労働人口の大半を占めるようになった。そんななか企業で起こっているのが、社員の動向や意識の変化だ。

ミレニアル世代は、1時間にデバイスを確認する回数が37回に及び、デバイスとともに就寝する人は全体の80%を占める。78%が「テクノロジーの活用でより効率的な仕事ができる」と考え、95%は「ワークライフバランスを最重要視」している。

こうした世代に受け入れられる働き方とはどのようなものか。そのポイントになるのが、いつでも、どこでも、誰とでも、 その時に最適なツールでコミュニケーションをスタートできる環境だ。

本資料は、こうした環境を作り、質の高いコミュニケーションを活性化するメリットやユースケースをコンパクトにまとめたものだ。ミレニアル世代にも受け入れられる働き方を理解するうえでのヒントになるはずだ。ぜひ目を通していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]