ホワイトペーパー

【事例】CRM製品5つを比較!最終的に選んだ製品とその理由とは?

ソフトブレーン株式会社 2013年01月16日

全国各地に店舗を構える「メモリアルアートの大野屋」では、コールセンターと支店の間での顧客情報の共有を行うべく、CRMの導入を検討し、5つの製品の比較を、以下の8つのポイントを重視して行ったそうだ。

1.製品の最大の特色、強み
2.操作の簡単さ
3.基幹システムとの連携能力
4.拡張性、柔軟性、カスタマイズの容易性
5.本社のコールセンターと、各支店との情報共有のしやすさ
6.価格
7.保守能力
8.営業員の要望対応能力

当資料では、比較検討の結果、大野屋が選んだCRM製品とその理由、導入後3年間における導入効果について、コンタクトセンター所長による解説がまとめられている。CRM選びに悩む担当者は、ぜひ参考にして頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]