ホワイトペーパー

高セキュリティなUSBメモリで実現!「情報漏えい防止」と「業務の効率化」

イメーション株式会社 2011年12月14日

情報漏えいの主要因であるUSBメモリ。
小型で可搬性が高く利便性が良いUSBメモリの利用頻度が高まる一方、利用上の不注意により、情報漏えい事故に発展した場合のリスクは想像以上に大きく、USBメモリによる情報漏えいをいかに防ぐかは、重要な課題となっています。

USBメモリの利用を禁止する企業もありますが、利便性の良いUSBメモリの禁止は、業務効率の低下や、ビジネスに悪影響を与える恐れもあります。

本資料では、USBメモリの安全性を高めることで、「情報漏えい防止」と「業務の効率化」を実現させる方法を紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]