ホワイトペーパー

ビッグデータ、ヒューマンインフォメーション解析がビジネスを変える!どんなデータもリアルタイムで管理

日本ヒューレット・パッカード株式会社(Vertica事業部) 2014年01月31日

企業が扱う情報は、構造化データと非構造化データに二分されます。
これまでのシステムでは構造化データの管理が主で、人間がコンピュータに合わせて情報の管理をしていました。そのため「0」と「1」では表現できないニュアンスを表現するために、細かな分類をする必要がありました。
しかし、様々な言語、慣用句、写真、ビデオ、ソーシャルメディアなどを介した人間同士のコミュニケーションといった非構造化データは、非常に複雑で従来のリレーショナルデータベースでは、これらの情報を処理することは不可能です。
そうしたヒューマンインフォメーションをリアルタイムで理解し処理できる次世代情報プラットフォームが、HP IDOLです。
本資料では、HP IDOLの主な機能やアーキテクチャの紹介を通じて、構造化/非構造化の両データをリアルタイムで把握することのできるビジネスメリットを紹介いたします。
詳細は資料をDLの上ご参照下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]