ホワイトペーパー

「Rubrik」+フラッシュアレイで実現せよ!究極の「爆速バックアップ&リカバリ」

東京エレクトロンデバイス株式会社 2018年03月28日

本資料は、オールフラッシュストレージを導入した環境のバックアップ・リカバリを、より高速に行うアプローチの紹介だ。

オールフラッシュはストレージのメインストリームとして急速に普及が進んでいるが、VDIや各種ミッションクリティカルシステムまで、あらゆる領域での採用が広がっていることで、バックアップ・リカバリへの要求も高度になってきている。

そのカギとなるのが「バックアップアプライアンス」だ。
資料内で紹介している最新世代のバックアップアプライアンス製品「Rubrik」と合わせて利用することで、例えば、ゼロに限りなく近い復旧時間目標(RTO)の実現や、クラウド上のバックアップサイトから開発・検証環境などを高速でリカバリすることが出来るようになる。VMware vCenterなどによる統合管理も可能だ。

本資料では、その具体的なメリットについて解説している。ぜひダウンロードして、「爆速バックアップ&リカバリ」環境を構築する参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]