ホワイトペーパー

絡み合ったレガシーをアップグレード! 米航空機エンジンメーカーはどう部品製造プロセスを統合したのか

PTCジャパン株式会社 2018年09月06日

企業買収や事業統合によるシステム統合は、企業の業績を大きく左右しかねない問題だ。統合したシステムに不具合があれば、統合の効果は十分に発揮できなくなる。異なるシステムを並行稼動させ続ければコスト負担が経営に重くのしかかる。

特にグローバル規模で展開する需要予測、在庫管理システムなどでは事態は深刻だ。これらが止まれば、ビジネスそのものも停止してしまう。そんななか、2つのレガシーシステムをアップグレードで乗り切り、新システムの恩恵を最大限に引き出すことに成功したのが、米航空機エンジンメーカーのプラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)だ。

本資料は、そんな同社が経験したPTM(サービスパーツ管理)ソリューションの導入プロジェクトをまとめた事例パンフレットだ。ソリューションの機能はもちろん、同社が事業統合とシステム統合にどう向き合ったのかは、多くの企業の参考になるはずだ。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]