ホワイトペーパー

作業時間50%削減にトレーニング効果30%アップを実現した企業も─ARの真の活用法を解説

PTCジャパン株式会社 2019年02月28日

いま製造業や流通業の各現場では、3割を超える離職率などにより作業者のスキルギャップが生じており、また複雑な製品と作業環境、顧客要求の高まりといった課題を抱えている。そうしたなか、作業の効率化や正確性の向上、教育時間の短縮などさまざまな効果が期待されているのが産業用AR(拡張現実)の活用だ。

しかしながら、産業用ARは巨大な価値を生み出す反面、コンテンツ作成にコストがかかりすぎたり、コンテンツ作成ソフトの機能が不十分であったりなど、さまざまな課題を抱えているのも事実だ。

そこで従来の産業用ARの各種課題を抱えるソリューションとして注目を集めているのが、コードを作成せずともARコンテンツの作成が可能なVuforia StudioをはじめとするPTCの産業用ARソリューション群である。

本資料には、それぞれのソリューションの機能と、それによって製造業やサービス業の現場にもたらされる効果が、具体的な数値とともに解説されている。30日間無償のトライアルキットへのアクセス方法も紹介しているのでぜひ一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]