編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

ホワイトペーパー

高度化するデジタル業務-ワークステーションを常に最新構成に保てるレンタルという選択肢

横河レンタ・リース株式会社 2021-07-01

製造・設計でのCADや、3Dグラフィックを描くなどの業務では、一般のパソコンよりも高性能なワークステーションが良く使われている。今ではパフォーマンスも飛躍的に向上しているだけでなく、ラック型やデスクトップ型以外にも、ラップトップ型も普及しており、使いやすく低価格なモデルまで広くラインナップされている。こうしたワークステーションを活用する業務は、非常に高い負荷が伴うため、ストレス無く業務をすすめるためには、高スペックかつ最新のソフトウェアに最適化されている必要性がある。
しかし、いくら製品の裾野が広がっているとはいえ、常に最新の状態、構成を維持するのは企業にとって大きな負担だ。そこで考えたいのは購入ともリースとも違う、”レンタル”という方法だ。本資料では、そもそもなぜワークステーションは最新構成を保ち続ける必要があるのか。そうでない場合のデメリットなどを解説するとともに横河レンタ・リース株式会社が展開するワークステーションのレンタルというサービスについて紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]