ホワイトペーパー

ソニーネットワークコミュニケーションズは、分散するPC 800台の運用課題をどう解決したのか?

横河レンタ・リース株式会社 2022-12-06

インターネットサービスプロバイダー「So-net」を運営するソニーネットワークコミュニケーションズ。同社では、顧客サポート業務を担うコンタクトセンターにおいて、オペレーターが使うPC 800台を運用していた。PCが各地に分散するため、同社はリモート管理のためにIT資産管理ツールを導入。

しかし、個人情報を取り扱うPCに備えられた強力なセキュリティシステムとIT資産管理ツールの相性があまり良くなく、「Windows Update」対応や業務用アプリのアップデートで手間がかかるなど、運用面で課題があった。

同社では、更新時期が近づいてきたタイミングでIT資産管理ツールの刷新を決断。厳しいセキュリティ環境でも安定的に動作し、使い勝手の良いツールを導入し、アップデート配信の信頼性向上と効率化を実現し、担当者の業務負荷が軽減したという。以下の資料では、課題解決を図った担当者が、導入の経緯や製品選定のポイント、導入効果などを語っている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]