ホワイトペーパー

多くの企業が頭を悩ませるクラウドアプリの遅延─その原因と低コストの解決策を示す

ジェイズ・コミュニケーション株式会社 2019年07月02日

Office 365、Salesforce、DropboxなどのさまざまなSaaS(クラウドアプリ)を、多くの企業が利用するようになった。しかしユーザーが多くなるに従い、どうしてもアプリケーションの挙動が遅くなり、ケースによっては基幹システムなどへのアクセスにも影響がでるようになるといった声があちこちから聞かれるのも事実だ。クラウドアプリの動作は直接仕事の効率に影響するので、IT部門としては迅速な解決が求められることになる。

その根本的な解決策としてSD-WANの導入を検討する企業が大幅に増えているものの、検討段階で導入を諦めるケースも目立っている。その理由はさまざまだが、導入コストやビジネススピードとの折り合いを理由とするケースが多々見受けられる。

こうした課題を解決するのが、ジュニパーネットワークスのセキュアルーター「SRXシリーズ」である。本資料では、ルーターとしての機能だけでなく、ファイアウォールやVPN、アンチウイルスなど複数のセキュリティ機能を1台の中にすべて凝縮しているSRXシリーズの各種機能や、導入によってもたらされるメリットについて言及している。まずはDLし目を通してみていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]